都内西部朝日会は中野・杉並・練馬・板橋のASA所長を会員とする組織です
イベント
  • HOME »
  • イベント

荻窪音楽祭2019

いつ: 2019年11月7日 – 2019年11月10日 全日

心をこめた演奏が心のふれあいを広め きっと住み良い街にしてくれる 荻窪の街を住んでみたい街、住んでいて良かった街、これからも住みつづけたい街、そんな心豊かに暮らせる街にしたいとの思いから街づくりの一つとして「荻窪音楽祭」がスタートして30回目を迎えます。スムーズに南北が行き来できるようにバリアフリー化を目指し、若者や高齢者も快適に過ごせ、子供達が明るく元気に育って行ける街づくり。この荻窪の地に住んでいることが、私達のささやかな誇りとなるような街づくりへの、皆様のご理解、ご協力をいただけましたら幸いです。 荻窪音楽祭の意義 『荻窪音楽祭』は、クラシック音楽を通じて荻窪の街づくり、街の活性化を目的に毎年2回春と秋に、大勢の方々が参加して音楽祭を開催してまいりました。諸般の事情により、平成24年開催の第25回荻窪音楽祭より年一回秋の開催に変更させていただきます。 都心と郊外との中間に位置する荻窪は、JR中央線に平行して青梅街道が東西に走る人口約5万人の落ち着いた街です。文化意識の高い、クラシック音楽を愛する、心温かい人々が多く住む荻窪の街は、皆様のご参加を心より歓迎いたします。 音楽祭の誕生 荻窪音楽祭を開催する意味。「荻窪音楽祭」は荻窪の街づくりの一環として生まれました。 荻窪駅前の整備や荻窪を取り巻く環境問題など、どうしたら荻窪の街が住み易くなるのかを街の住人たちで考え提言をしていこうと生まれた団体が「21世紀の荻窪を考える会」です。「21世紀の荻窪を考える会」はお年寄りや小さな子供さんの居住環境をユニバーサルな目で捉え、それをどうやって実現していくのかテーマに掲げ活動しています。「クラシック音楽を楽しむ街・荻窪」の会もそうしたコンセプトから生まれたものです。 荻窪には先人たちの築いた文化的な風土があります。多くの文士や画家やいろいろな作家の人たちが大切な遺産を残しています。「荻窪音楽祭」はお年寄りや小さな子供さん、そして誰にでも楽しんで貰えるクラシック音楽の演奏を通して文化的遺産を次ぎの世代につなげたいと思っています。 「荻窪音楽祭」はこうした主旨に賛同していただいた方々のサポートにより運営されています。今後この会が10年、20年と続けるにはもっと多くの方の協力が必要です。小さな灯火ですが絶やさぬようボランティアの方々と推進していきたいと願っています。 荻窪の街(荻窪案内) 杉並区は関東ローム層の上に形成された武蔵野台地に存します。また、東京都特別23区の西端に位置し、東京都の発展とともに、経済的に比較的恵まれた地域と言われております。同時に現在では減少傾向にありますが、杉並区の名前の由来ともなった緑豊かな自然に恵まれた住宅都市としての性格を持っております。 新宿と吉祥寺との間に位置する杉並区は、北を西武新宿線、南に京王井の頭線並びに中心辺りをJR中央線・地下鉄である東京メトロ東西線や同じく東京メトロ丸の内線と複数の鉄道が全て東西方向に走り存在します。これらの鉄道を補完しながら、東西に伸びる主要道路としては早稲田通り、青梅街道、五日市街道、井の頭通りと、南北に伸びる環状七号線、環状八号線と区内外の経済活動を支えております。上記の主要幹線道路並びに鉄道沿線に沿って商業圏が形成されています。中でも、JR中央線の高円寺・阿佐ヶ谷・荻窪・西荻窪の各駅を中心として小売商業が集積しています。 工業は、歴史的な経緯から東側では和田・堀ノ内の一部、南側では宮前・高井戸・久我山の一部、北西部では桃井の一部が都市計画法上の準工業地域に指定され、比較的大きな工場が存在します。しかしながら、日産の工場であった桃井の土地が複合街区として現在再開発進められており比較的規模の大きな工場は少なくなる傾向にあります。小さな規模の中小企業の工場は区内全域に点在しています。 農業は、区の北部から北西部にかけての井草・善福寺地区と南西部の高井戸・宮前・久我山地区に生産緑地指定を受けた農地がその他の地域と比べると比較的多く存在し、野菜を主体に花き・庭園樹の生産に取り組んでいます。 荻窪の地域は、上記のような杉並の経済的な中心として発展してまいりました。もともとJR中央線は玉川上水の水上輸送に代わる輸送手段として明治22年に開通した甲武鉄道がその前身となります。この鉄道が第二次世界大戦終了までの軍需物資輸送をするとともに、荻窪は将校の居住地としての役割を果たし、荻窪駅の南側の高級住宅地の雰囲気、北側の住商混在という独特の雰囲気を作り出しました。 このような時代背景から荻窪は陸軍将校の別荘地のようになり経済的にも文化的にも比較的恵まれた地域として発展していきました。文化、歴史の分野でも井伏鱒二著の「荻窪風土記」にあるように戦前から作家、画家等の高い思想や知識を持つ人が多く住み、荻窪の文化を形成していたことが知られております。美しい星空の下、空気の美味い東京郊外に家を建て静かに詩作に耽ると書いた井伏鱒二の荻窪は年々星の数こそ減ってはいますが、そこに養われたエスプリはいつまでも残したいと思っています。

朝日新聞EduA創刊記念 スペシャルイベント

いつ: 2019年5月25日 @ 3:00 PM – 6:00 PM
どこで: イイノホール , 東京都千代田区内幸町2-1-1

2020年度、現行のセンター試験に代わり大学入学共通テストが開始。国語と数学では記述式問題が加わります。 “知識を覚えた”かだけでなく「、思考力「」判断力「」表現力」が問われるようになり、新しい学習指導要領も導入されます。 小学校から高校までの授業・学習も変わっていく中で、これからどのように学ぶことが求められるのでしょうか。 教育の専門家を招き、その対応を来場者の方とともに考えます。また林修氏の特別講演も開催されます。

荻窪音楽祭2018

いつ: 2018年11月8日 – 2018年11月11日 全日

心をこめた演奏が心のふれあいを広め きっと住み良い街にしてくれる 荻窪の街を住んでみたい街、住んでいて良かった街、これからも住みつづけたい街、そんな心豊かに暮らせる街にしたいとの思いから街づくりの一つとして「荻窪音楽祭」がスタートして30回目を迎えます。スムーズに南北が行き来できるようにバリアフリー化を目指し、若者や高齢者も快適に過ごせ、子供達が明るく元気に育って行ける街づくり。この荻窪の地に住んでいることが、私達のささやかな誇りとなるような街づくりへの、皆様のご理解、ご協力をいただけましたら幸いです。 荻窪音楽祭の意義 『荻窪音楽祭』は、クラシック音楽を通じて荻窪の街づくり、街の活性化を目的に毎年2回春と秋に、大勢の方々が参加して音楽祭を開催してまいりました。諸般の事情により、平成24年開催の第25回荻窪音楽祭より年一回秋の開催に変更させていただきます。 都心と郊外との中間に位置する荻窪は、JR中央線に平行して青梅街道が東西に走る人口約5万人の落ち着いた街です。文化意識の高い、クラシック音楽を愛する、心温かい人々が多く住む荻窪の街は、皆様のご参加を心より歓迎いたします。

阿佐ヶ谷ジャズストリート2018

いつ: 2018年10月26日 – 2018年10月27日 全日

阿佐谷ジャズストリートは、「阿佐谷のまちをジャズで明るく楽しいまちに」を合言葉に1995年にはじまった東京都杉並区の阿佐谷のイベントで、地域の人々のボランティアによって運営されています。今年で20年を迎えます。 ◯まちがジャズに染まる2日間 毎年10月末に開かれる阿佐谷ジャズストリートは、JR中央線の阿佐ヶ谷駅を中心とする南北2キロの中杉通りに沿って、駅前の広場、神社、教会、小・中学校の体育館、企業のロビー、喫茶店、レストランなど普段の生活空間がジャズの演奏会場となります。また、ディキシーランドジャズのバンドがまちを練り歩き、この2日間、阿佐谷のまちはジャズ一色に染まります。 ◯いろんな楽しみ方ができるジャズストリート 阿佐谷ジャズストリートは、共通パスポート券でジャズを楽しむパブリック会場、ライブハウスや、レストラン、カフェなどが独自にコンサートを行うバラエティ会場、広場や路上で演奏が繰り広げられるストリート会場の3つのパターンでジャズを楽しむことができます。

高円寺フェス2018

いつ: 2018年10月27日 – 2018年10月28日 全日

今年もやります!高円寺の秋の風物詩との呼び声も高い、 高円寺4大祭りのひとつ『高円寺フェス2018』 来場者がお店の方を向いて楽しめる、高円寺ならではのユニークな大文化祭イベント! 参加店特典:ガイドブックや高円寺フェス公式HPにてMAPつきでお店をご紹介! 参加店全店対象のスタンプラリー、100円めぐりの企画で来場者がお店にやってきます。 昨年の参加店舗は192店舗、各メディアに一斉にPRを行い、動員数は2日間で18万人! 多様なイベントを同時開催し、相乗効果で高円寺の街中が大いに盛り上がる2日間。

東京高円寺・「阿波踊り」

いつ: 2018年8月25日 – 2018年8月26日 全日

東京高円寺阿波おどり は、東京都杉並区高円寺において毎年8月下旬に開催される阿波踊りである。 「徳島市阿波おどり」に次ぐ大会規模で、東京周辺では最大規模の阿波踊りである。 JR高円寺駅前から東京メトロ新高円寺駅にかけての商店街および高南通りを舞台に開催される。 今年は、8月25日(土)、26日(日)の、午後5時から午後8時まで。

久我山 ホタル祭り

いつ: 2018年6月9日 – 2018年6月10日 全日
どこで: 神田川・清水橋下流 玉川上水・岩崎橋下流など

久我山ホタル祭りが開催されます! 6月9日(土)と10日に第23回ホタル祭りを行います。 昼は久我山で生まれ育ったホタル達の展示や特設テント内でのホタル観賞及び各種イベントを開催し、 夕方から玉川上水と神田川にて素晴らしいホタル観賞会を実施。 久我山中で夕食や各種屋台も充実!お腹いっぱい食べて飲んで気を付けて帰宅しましょう。   詳細は、こちらから。

練馬こぶしハーフマラソン2018

いつ: 2018年3月25日 全日
どこで: 区立大泉学園地区区民館・区立大泉さくら運動公園・都立大泉中央公園

5000人のランナーが練馬区内を駆け抜けます。 普段は走ることのできない幹線道路やとしまえん・光が丘団地内を、途切れない沿道の応援を受けながらゴールを目指しませんか? 鉄道3路線利用可能の優れた会場アクセスとストレスを感じない会場運営により、初めてのマラソン大会の参加を考える方にピッタリの大会です。  

練馬を食べよう 農産物スタンプラリー

いつ: 2017年11月1日 – 2017年11月30日 全日

23区最大の農地面積を誇る練馬区には、農産物直売所や農産物を利用した料理・加工品を販売しているお店がたくさんあります。 平成29年11月1日から11月30日まで、練馬産農産物のおいしさや魅力を伝えるスタンプラリーを開催しています。スタンプを4つ集めて応募すると、練馬産農産物と加工品の詰め合わせが抽選で300名に当たります。ぜひご参加ください。 詳細は、こちら

介護保険のしくみと高齢期の住まいセミナー

いつ: 2017年11月18日 @ 1:00 PM – 3:00 PM
どこで: セシオン杉並 第8・9・10会議室

朝日新聞販売店主催の介護保険のしくみと高齢期の住まいセミナーをご案内いたします。 先着130名様無料招待いたします。 お申し込みは最寄りのASAにFAXまたは電話でお申し込みください。  

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 都内西部朝日会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.