都内西部朝日会は中野・杉並・練馬・板橋のASA所長を会員とする組織です

認知症サポーターキャラバン

  • HOME »
  • 認知症サポーターキャラバン

認知症サポーターとは

認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けする「認知症サポーター」を全国で養成し、認知症高齢者等にやさしい地域づくりに取り組んでいます。朝日新聞社とASAは、一丸となって、「認知症サポーターキャラバン事業」に協力しています。

認知症サポーターに期待されること

1 認知症に対して正しく理解し、偏見をもたない。
2 認知症の人や家族に対して温かい目で見守る。
3 近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。
4 地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。
5 まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。

ninchi20170612のサムネイル

PAGETOP
Copyright © 都内西部朝日会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.